Glassアカデミー 公式ブログ

ウロコ取り洗浄剤のフランチャイズで失敗した受講生

受講後のインタビュー

Q. ウロコを落としたいと思ったきっかけをおしえてください。

温浴施設の配管洗浄をやっている時に施設の支配人から大浴場のガラスや洗い場の鏡の白い汚れが取れないかと相談されたのがきっかけでチャレンジしました。

その後、知り合いの薬品の会社に相談して、酸性の薬品で試してみましたが、若干薄くなったかな?という程度で全く残っている状態でした。

色々調べていくうちにウロコ洗浄剤のフランチャイズを見つけて加盟しました。

しかし、その薬品でウロコに再度挑戦した結果、まったく落ちなかったです。
知り合いの会社の薬品よりも効果がなかったので、フランチャイズの本部に問い合わせたら「やり方が悪い」と言われるだけで、その時に「完全に騙された」と思いました。

Q. その後、Glassアカデミーの相談会に参加されましたが、その時の印象は?

フランチャイズの説明の時と同じ「落とせる」という言葉ですが、ここは間違いなく落とせるなという感じがしました。

質問に対する回答の深さのレベルが違いました。

Q. 相談会から1年以上たってからの受講になりました。なぜこのタイミングになったのですか?

まず1番大きかったのが、案件がなくなったことです。支配人が退職されて案件が流れてしまったのと、フランチャイズに結構な金額を支払っていたので費用面ですぐに受講とはなりませんでした。

Q. 最終的に受講を決めた理由を教えてください。

前々から温浴業界以外にも事業を広げていきたいと思っていて、どんなことをすればターゲットを広げられるかを考えて様々な商材を探していた中で、今取引のある温浴施設で薄いけれどもウロコが気になるというお話があって、そこでポンっと思い出しました。そういえばと。

Q. 講座1日目にマリーナに行ってクルーザーのウロコを見ましたが印象はいかがでしたか?

ああ。こんなについているんだ。と思いました。遠くから見ることはあっても近くで見ることがなかったので、クルーザーのガラスにあれだけのウロコがついているんだと知りました。

Q. ウロコを落とす自信はありましたか?

もう落とせると思って来てましたが、もっと時間がかかるものだと思ってました。

ずっと磨いていないと落ちないと思っていましたが、想像以上に早く落ちたので、こんなに簡単に落ちるんだと。興奮しました。

Q. 座学についての感想を聞かせてください。

やっぱり聞いていないと気がつかなかったであろうことばかりでした。注意点などですね。

Q. 講座を終えて自信はつきましたか?

ガラスのウロコ落としというのはひとつのきっかけであって、その先にはお客様からあれもできないの?これもできないの?ということで必ずニーズが広がってくる。それに対するアカデミーのメニューも充実しているのでもう怖いものはないなと。お客様に何を聞かれてもできるようになりますよ。と言えますね。

続きは動画をご覧ください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事一覧

  1. 卒業生の声:ZEROベース講座
PAGE TOP
purchase nolvadex Antabuse without prescription